FATUITE(ファチュイテ)」は、美容インフルエンサーの藤井明子さんがブランドディレクターを務めるスキンケアブランドです。2021年のブランドローンチ以降、内側から発光するような透明感や、素肌での実感に“わがまま”にこだわった商品を展開しており、2024年現在3期連続で美容誌におけるベストコスメを受賞するなど、高い人気を集めています。

「FATUITE」では、2023年9月に東京、10月に大阪での常設店オープンに際して、オムニチャネル会員アプリ「Omni Hub」を導入し、店舗とECの顧客情報の一元化を実現しました。

「FATUITE」がOmni Hubを導入した背景や今後の展望について、株式会社FATUITEの代表取締役社長にお話を伺いました。

FATUITE(ファチュイテ)

FATUITE(ファチュイテ)=わがまま、自己満足
内側から発光するような透明感や、素肌での実感に“わがまま”にこだわった商品を展開するスキンケアブランド
21年2月ブランドローンチ。透明感ケアやエイジングケア※ を叶えるベーシックケアライン「ブライテストシリーズ」が大人気。現在3期連続で美容誌におけるベストコスメを受賞。
※年齢に応じたハリとうるおいのお手入れ
オンラインストア:https://fatuite.com/

インタビュイー

株式会社FATUITE 代表取締役社長


SNSで話題のスキンケアブランド「FATUITE」の軌跡


FATUITE(ファチュイテ)は、美容インフルエンサー・モデルとして活躍する藤井明子がブランドディレクターを務めるスキンケアブランドで、2021年2月にローンチしました。

ブランド名の「FATUITE」は、フランス語で、“わがまま”や”自己満足”という意味です。
内側から発光するような透明感や、素肌での実感に“わがまま”にこだわった商品を展開しています。

FATUITEは、ブランドディレクターの藤井と、FATUITEの商品開発者であり、美容成分スペシャリストとして活動しているJUN、そして私の3人で会社を設立しブランドを立ち上げました。

私達が販売しているのはスキンケア商品ですので、やはり「実際に試してみてから購入したい」と考えるお客様のニーズは多いはずです。化粧品は、まだまだオフラインが強い業界ですので、ブランドが成長し拡大をしていく上で、オフラインへの進出というのは欠かせないと考えていました。

加えて、FATUITEとしては、将来的にいわゆる「デパコス」と呼ばれるブランドのように、みなさんが知っているブランドを目指したいという想いがあります。

FATUITEは、インフルエンサーの藤井明子が中心となっているブランドですので、お客様の多くは藤井のファンの方々です。しかし今後のブランドの成長を考えると、ファン以外の方々にも認められ、支持されることが重要だと考えています。そのためにも、百貨店で展開される化粧品ブランドと並び、そこに訪れる方々に知っていただくことが必要だと考えていました。

しかし、当然のことながら百貨店の化粧品売り場は、簡単に空きが出るわけではありません。そのため、路面店での出店も視野に入れて検討していたところ、タイミング良くポップアップストアでお世話になっていた百貨店への出店チャンスに恵まれ、これを契機に常設店の開設を決定しました。

<関連記事>
スキンケアブランドFATUITE〈ファチュイテ〉東京・大阪に常設店を出店

オンラインから始まったブランドにとって、顧客情報一元化は必須機能


ECプラットフォームは多数ありますが、UI/UXや今後の改善改良、アップデートなどの伸びしろを考えると「Shopifyを選ばない理由が無い」と感じました。
また、インフルエンサーの商品を取り扱うストアの場合、アクセス集中によるサーバーダウンには最も注意が必要です。この点に関して、Shopifyはサーバーダウンの報告をほとんど聞いたことがありません。これらを総合的に判断してShopifyを選択しました。

レジの選定にあたっては「店舗とEC間で顧客情報の一元化ができること」を、必須条件だと考えていたため、この条件を満たせる「スマレジ」を選びました。

スマレジさんからご紹介を受け、Omni Hubさんの説明を聞いてみて「私達が必要だと思う機能が全て揃っていたから」でした。

店舗でご購入されたお客様が、次回以降オンラインストアからでもスムーズに商品をご購入いただけるようにしていきたいと考えていたこと。加えて、将来的にはポイントプログラムを導入していきたいと考えているためです。

オンラインからスタートしたブランドであるからこそ、顧客情報を一元化しオンラインとオフラインをシームレスに連携することは、必ず行うべきことだと考えていました。

他にも、今後データ分析を行っていく上で、お客様がオンラインとオフラインでどのように行動しているのか?というデータを蓄積しておくことも、重要だと考えているためです。

ブランドを支持して下さるお客様と誠実に向き合う


一般的に売上の増加や顧客獲得に即効性があるとされる施策であっても、長い目で見た時に、ブランドイメージや、企業価値を損なう可能性がある施策は、できる限り避けるようにしています。とてもシンプルに言うと「自分達が顧客の立場で不快と感じる施策はしない」ということですね。

創業の時から、FATUITEのお客様はとても優しい方が多いと感じています。そのようなお客様達に支持していただいているブランドですので、みなさんの期待や信頼を失わないように、私達も誠心誠意、誠実にお客様と向き合っていきたいと考えています。

スマレジの「メモ欄」機能を利用して、接客の詳細を記録しています。お客様との会話内容、どのようなご質問をされたのか、またその商品をなぜご購入されたのかなどをメモ欄に残し、次回ご来店された際にも、より適切な対応ができるようにしています。

お客様の期待以上のものを丁寧に作り上げ、長く愛されるブランドへ


藤井明子や、FATUITEをすでに知っている方たちではなく、知らない方たちに向けてどうやって知っていただくのかというのは、これからの課題だと考えています。新たな訴求の仕方や販売の仕方、地域などを今後検討していきたいと考えています。

また、時期や内容は未定ですが、来年くらいにはポイント施策についても実現できればとは考えています。

企業は、最初は創業者の意志からはじまりますが、創業者がいなくなった後も、その想いを受け継ぎ継続可能な組織を築いていくことが、長く続く企業にとって重要なポイントだと考えます。
私たちの会社もまだ始まって3年ですが、この辺りは非常に強く意識しています。

自分達が本当に良いと思うものを作り、自信を持ってお客様にお勧めしていく。お客様に寄り添うだけでなく、お客様の期待以上のものを丁寧に作り上げて100〜200年と続く、というのが「ブランド」なのではないかと考えています。FATUITEもその想いを持ちながら、ブランドとして継続させていきたいと考えています。

私の中でOmni Hubさんは、極端に言えば「使っている」という感覚があまり無いんですよね。「気付いたらそこにいた人」みたいな感じです。
Shopifyや在庫管理システムのように、管理画面を操作したり変更したりということが、ほとんどありませんし。
反対に、もし頻繁にやり取りが発生していたら、バグや問題があって困っているということになってしまいますよね。

渋谷スクランブルスクエア +Q (プラスク) ビューティー店 イメージ

※この記事は、2024年3月に実施したインタビューに基づいて作成したものです。
※記事の内容は掲載時点のものです。


株式会社FATUITEについて


FATUITE(ファチュイテ)=わがまま、自己満足
内側から発光するような透明感や、素肌での実感に“わがまま”にこだわった商品を展開するスキンケアブランド
21年2月ブランドローンチ。透明感ケアやエイジングケア※ を叶えるベーシックケアライン「ブライテストシリーズ」が大人気。現在3期連続で美容誌におけるベストコスメを受賞。
※年齢に応じたハリとうるおいのお手入れ

会社名:株式会社FATUITE
業務内容:スキンケアブランド
Webサイト:https://fatuite.com/

オムニチャネル会員連携アプリ「Omni Hub」について


「Omni Hub」(オムニハブ)は、「店舗とECをつなぎ、購買体験をアップデートする」をミッションに掲げる、オムニチャネルでの顧客体験向上に貢献するアプリです。初期費用なし、開発不要でShopifyで構築したオンラインストアとスマレジで管理する店舗の間で顧客情報を一元化することで、共通でのポイント施策実施やメッセージ配信など、顧客体験の向上による売上増加をご支援しています。

本アプリは、Shopify Experts、スマレジ Developers Expertに認定されている株式会社フィードフォースが提供しています。(※2つの認定を有している国内唯一の企業です。)

「Omni Hub」サービスサイト : https://omni-hub.jp/
「Omni Hub」Shopifyアプリページ:https://apps.shopify.com/omni-hub?locale=ja
「Omni Hub」スマレジアプリページ : https://apps.smaregi.jp/apps/114
「Omni Hub」サポートページ:https://omni-hub.notion.site/Omni-Hub-00d28b314cfa4b27b4e1f470be99ac4b